サポステってなに?

地域若者サポートステーション(サポステ)とは、若者の職業的自立を支援する厚生労働省の事業です。

働くことについてさまざまな悩みを抱えている若者の皆さんが就労に向かえるよう、多様な支援サービスでサポートします。

どんな悩みでもまずはご相談ください。
ご本人に限らず保護者の方々からのご相談もお受けしています。

どんな人が利用できるの?

学校を卒業・中退後あるいは離職後一定期間無業の状態にあり、15歳から概ね50歳未満の方及びその保護者の方が対象です。

40代の方への支援名称は「サポステ・プラス」となります。

利用料金は?

基本的に無料です。

ただし、プログラムの内容によっては参加費がかかったり、交通費を自己負担していただくことがあります。

利用時間は?

火曜日から土曜日の9:30〜17:30にご利用いただけます。

面談について

サポステでは、対面式の面談の他に、スマ―トフォンアプリ、パソコンを利用したオンライン面談を行っています。

「オンライン面談」の利用方法

1.サポステのメールアドレス(hola@iw-saposute.org)宛にご自分のメールアドレスを送信してください。

(ドメイン指定の設定をしている場合、iw-saposute.orgを受信できるようにしてください。マイクのないパソコンでは使用できません。)


2. 送信いただいたメールアドレスにサポステからの招待状が届くので、そこから「Webex」をダウンロードし、画面の指示に従って、サポステとオンライン面談画面につなげる。


※分からない場合は、お電話にてお問い合わせください。

TEL:0296-54-6012

動画でご紹介

@「サポステ」の支援とは

A「サポステ」の支援プログラム

B「サポステ」の就職支援

ご利用方法

1予約、2相談・登録、3ご利用開始(支援プログラムに参加)、4進路決定 TEL:0296-54-6012メールはお問い合わせから 詳しくはプログラムへ
ページトップ